2.16 - テーブル演算子と関数 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

QGInitiatorImport

QGInitiatorImportは、Teradataからクエリーが開始され、メタデータにアクセスしてリモート ホストからデータをフェッチする必要があるときに呼び出される開始インポート関数です。この開始インポート コネクタ関数は、任意のリモート ホストからデータをインポートする場合に使用されます。

QGInitiatorExport

QGInitiatorExportは、Teradataからクエリーが開始され、メタデータにアクセスしてリモート ホストにデータをエクスポートするときに呼び出される開始エクスポート関数です。この開始エクスポート コネクタ関数は、任意のリモート ホストにデータをエクスポートする場合に使用されます。

例: QGInitiatorImportとQGInitiatorExportの使用

CREATE FOREIGN SERVER Presto_1
USING
 LINK(‘QG_presto1’)
DO IMPORT WITH TD_SYSFNLIB.QGInitiatorImport,
DO EXPORT WITH TD_SYSFNLIB.QGInitiatorExport;

QGRemoteImport

QGRemoteImportは、ローカルのTeradataシステムにデータを転送するために、リモート ホストによってクエリーが開始されたときに呼び出されるリモート インポート関数です。このリモート インポート関数は、任意のリモート データ ソースからデータを転送するときに使用されます。

QGRemoteExport

QGRemoteExportは、ローカルのTeradataシステムからのデータにアクセスするために、リモート ホストによってクエリーが開始されたときに呼び出されるリモート エクスポート関数です。このリモート エクスポート関数は、任意のリモート ホストにデータをエクスポートするときに使用されます。

QGExecuteForeignQuery

QGExecuteForeignQueryは、リモート システムでDMLまたはDDLリクエストを実行するために、ストアド プロシージャが呼び出されたときに呼び出される関数です。これにより、リモート ホスト上のローカルTeradataシステムからCREATE TABLE、DROP TABLE、GRANTなどを実行することができます。

例: QGExecuteForeignQueryの使用

CREATE FOREIGN SERVER presto_efssp
USING
 LINK(‘QG_presto1’)
DO IMPORT WITH TD_SYSFNLIB.QGExecuteForeignQuery;