2.16 - 問題 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
QueryGridで発生する可能性のある問題を確認するには、問題を使用します。これらの問題の一部は、対処が必要になることがあります。これらの問題の一部に対し、措置を行なう必要があります。次のような問題が報告されています。
  • Teradata QueryGridコンポーネントがオフラインになった。
  • Teradata QueryGridマネージャに障害が発生した。
  • Teradata QueryGridマネージャのバックアップに失敗した。
  • Teradata QueryGridマネージャのディスク領域が不足している。
  • 1つまたは複数のTeradata QueryGridマネージャが異なるバージョンのTeradata QueryGridマネージャパッケージを実行している。
  • システム上の1つ以上のノードにコネクタ パッケージがない。
  • ノードまたはTeradata QueryGridマネージャでシステム時間が正しくない。
  • ファブリックが予期せず再起動した。
  • ドライバが予期せず再起動した。
  • コネクタにリンクがない。
  • リンクのネットワーク構成がノードのネットワーク アドレスに一致しない。
  • 認証局またはサーバー証明書の有効期限が近づいている。
  • 複数のQueryGridマネージャクラスタで、リンク名またはファブリック ポートが競合している。
  • システムのプライマリQueryGridマネージャクラスタに不整合がある。
  • オフライン ノードの削除がスケジュールされている。
  • ノードがプロキシ ポートにバインドできない。
  • Teradataのディスク領域が不足している。

各条件には、重要または警告の重大度が関連付けられています。

問題の履歴を表示できます。ファブリックとドライバの予期しない再起動の課題を除いて、根本的な問題が修正されると課題が自動的に解決されます。ファブリックとドライバの再起動の課題は、それらを手動で削除してクリアできます。

Viewpoint監視対象システム管理ポートレットを使用して、アラートの自動生成の対象となる問題を構成します。詳細については、<Teradata® Viewpointユーザー ガイド、B035-2206>を参照してください。