2.16 - 手動でのノードの追加 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
直接アクセスできるノードに自動インストールを使用してから、直接アクセスできないノードで手動インストールを実行します。

プロキシ サポートが有効になっている場合は、最初にQueryGridマネージャに接続できるノードをインストールしてから、直接アクセスできないノードに対してこのプロセスを繰り返す必要があります。

  1. ファブリック コンポーネントで、システムを選択します。
  2. ノードを追加するシステムを選択します。
  3. ノードタブで、ノードの横にある""を選択します。
  4. 手動でのインストール: 自動生成された構成ファイルをダウンロードします。このファイルは、インストールを完了するために各ノードに保存する必要があります。を選択します。
  5. 生成されたアクセス トークン ファイルが期限切れになる前にアクセス トークンが期限切れになる日数を選択します。
    アクセス トークンは、登録のためにシステムがオープンなまま保持される日数です。この期間が完了した後にインストールされたものは、システムに追加されません。デフォルトは90日です。
  6. ファイルの生成を選択します。
    構成ファイルへのリンクが表示されます。
  7. ""を選択します。
  8. 任意の場所にファイルを保存します。
  9. 閉じるを選択します。
  10. システムのノードごとに、次のいずれかをインストールします。
    オペレーティング システム パッケージ
    RPM tdqg-node-release.rpm
    Debian tdqg-node-release.deb
  11. システムのノードごとに、生成された構成ファイルを/etc/opt/teradata/tdqg/node/tdqg-node.jsonにコピーします。
    直接アクセスなしのノードを追加する場合は、ノードを一度に1つずつ追加する必要があります。
  12. プロキシ サポートが有効な場合は、直接アクセスなしのノードごとにこのプロセスを繰り返します。