2.16 - 動的フィルタリングの無効化 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
条件付きクエリーがfalseになる可能性があるサブクエリーを使用する場合、そのFROM句の行の内容に関係なく、Prestoイニシエータのクエリーの実行が中断する場合があります。動的フィルタリングを無効にすることで、サブクエリーを使用する場合の問題を回避できます。
以下は、enable_dynamic_filteringを無効にしない場合に問題となる可能性があるクエリーの例です。
select * from remote_table where col1 = (select null);
  1. (オプション)WHERE句が意味をなさなくなるサブクエリーを使用する可能性がある場合は、クエリーがする中断リスクを回避するために次のいずれかを実行することを推奨します。
    • セッション プロパティenable_dynamic_filteringfalseに設定します。
    • Presto config.propertiesファイルに次の行を追加します。

      experimental.enable_dynamic_filtering=false