2.16 - AWS CFTでのPrestoのQueryGridの自動デプロイ - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Presto用のAWS CloudFormationテンプレート(CFT)は、各Prestoノードでノードが完全にオンラインになる前にブートストラップ スクリプトを実行できます。ブートストラップ スクリプトはAWS Simple Storage Service (S3)上にあり、Presto用CFTオプションのBootstrapScriptURIによって定義されます。このスクリプトを使用して、Prestoカタログを指定しQueryGridを新しいPrestoノードにデプロイします。
  1. Presto AWS CFTスタックを作成します。
    詳細については、AmazonでのPrestoデプロイに関するStarburst Enterpriseのドキュメントを参照してください。
    作成後、Stack Outputs(スタック出力)タブのPrestoCoordinatorURLの値をメモします。
  2. 後の手順で使用できるように、PrestoCoordinatorURLからIPを抽出します。
  3. ViewpointQueryGrid Prestoシステムを作成します。
  4. システムのtdqg-node.jsonトークン ファイルを生成してダウンロードします。
    tdqg-node.jsonのダウンロードの詳細については、手動でのノードの追加を参照してください。
  5. tdqg-node.jsonをAmazon S3にアップロードします。
  6. ViewpointQueryGrid Prestoコネクタを作成し、サーバー プロパティにはPrestoCoordinatorURLのIPアドレスを使用します。
    新しく作成したコネクタのQueryGrid Prestoコネクタ ソフトウェアのバージョンをメモします。
  7. (オプション)AWS CFTでのPresto用イニシエータ カタログ ファイルのアップロードの説明に従い、必要なPrestoイニシエータ カタログ プロパティ ファイルを作成しアップロードします。
  8. 次の手順を実行します。
    1. ノード パッケージをダウンロードします。
      詳細については、必要なパッケージのダウンロードを参照してください。
    2. ノード パッケージを解凍します。
      TDQG_DEPLOYMENTスクリプトは以下にあります。qgdeployment/presto/aws_cft/TDQG_DEPLOYMENT_version.sh
  9. TDQG_DEPLOYMENT_version.shを固有の名前に変更します(例: TDQG_DEPLOYMENT-01.001.sh)。
  10. 以下の値を使用してTDQG_DEPLOYMENT-01.001.shを編集します。
    説明
    TDQG_NODE_JSON_FILE tdqg_node.jsonのS3 URIを入力します(例: s3://my_bucket/tdqg_node.json)。
    TDQG_PRESTO_LOADER_FACTORY_VERSION コネクタ バージョンを02.xx.xx.xxの形式で入力します。
    TDQG_PRESTO_CATALOGS_PATH イニシエータ カタログ ファイルのみを含むフォルダのS3 URI。Prestoをターゲット コネクタとして使用する場合は、空白のままにします。
  11. TDQG_DEPLOYMENT-01.001.shをAmazon S3にアップロードします。
  12. スタック更新ウィザードを実行し、TDQG_DEPLOYMENT-01.001.shのS3 URIをBootstrapScriptURIプロンプトに入力します。
    Presto CFTスタックが再構築され、QueryGridがPrestoノードにインストールされます。