2.16 - Teradata FICONノードのQueryGridの構成 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
一部のTeradataシステムでは、ファイバ チャネル接続(FICON)ノードが、ネットワーク接続なしの解析エンジン専用(AMPがある場合とは対照的なPE専用)ノードとして使用されます。これらのノードにはAMPがありませんが、FICONノードにはQueryGridクエリーへのアクセス、またはQueryGridクエリーを参照するビューを参照するクエリーへのアクセスが引き続き必要になります。FICONノードにネットワーク接続がない場合は、以下の機能を使用する必要があります。
  • QueryGridマネージャにアクセスするQueryGridマネージャプロキシ機能
  • リモート システムにアクセスするQueryGridブリッジ機能
この構成を使用してQueryGridを実行するには、以下が推奨されます。
このシナリオでは、ホップ1は、bynetネットワーク インターフェースを開始およびターゲット ネットワークとして使用します。ホップ2は顧客のLANネットワークを使用します。
  1. システムの編集から、直接アクセス権限のないノードのQGMへのプロキシ接続を有効にするチェックボックスをオンにします。
  2. ローカル ノード経由での接続を選択します。
    デフォルトのポートとネットワークの値を使用します。
  3. 次の順序でノードを追加します。
    1. 非FICONノードをシステムに追加します(まだ追加されていない場合)。
    2. FICONノードを追加します。
  4. Teradata FICONノードからターゲット システムへPE要求をルーティングするには、次の操作を実行します。
    1. QueryGridリンクをシングル ブリッジとして設定します。
    2. ブリッジに、すべてのターゲット ノードに接続できるすべてのTPAノードが含まれていることを確認します。