2.16 - Spark SQLターゲット コネクタのセキュリティ ガイドライン - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

一般

NVPリンク ペアリングでSpark SQLターゲット コネクタのパラメータを設定する場合は、Confファイル パスプロパティの設定に正しいパス名が使用されていることを確認してください。QueryGridは、データ転送を処理するときに、この設定に大きく依存します。Spark SQLコネクタとリンクのプロパティを参照してください。

Kerberos

Spark SQLターゲット コネクタでKerberos認証を使用するようにQueryGridを設定できます。Kerberosで使用できる認証には次の2つの形式があります。

Username/Password
Spark SQLターゲット コネクタは、データ ソースにクエリーを送信する前に、Kerberosに対してユーザー名とパスワードを認証します。
Kerberos Keytab
Spark SQLは、Kerberosキータブ認証が有効になるように設定できます。
NVPリンクのペアリングでSpark SQLターゲット コネクタを使用してKerberized Hadoopクラスタにアクセスする場合は、以下を実行します。
  • 認証メカニズム プロパティに対してKerberosを選択します。
  • Teradata QueryGridユーザーがkinitを実行する権限を保有していることを確認します。kinitを実行する権限の確認を参照してください。