2.16 - Teradata Vantageの同時実行クエリーのチューニング - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. ワークロード管理ビューで、""を選択して新規ルール セットを作成します。
  2. ルールセットの名前を入力し、オプションでルールセットの説明を入力します。
  3. 保存を選択します。
  4. スロットルを選択します。
  5. システム スロットルの横にある""を選択します。
  6. 一般タブで、スロットルの名前と、オプションで説明を入力します。
  7. 保存を選択します。
  8. 分類 タブを選択します。
  9. リストからターゲットを選択して、追加を選択します。
  10. ターゲット タイプ リストから機能を選択し、データベースのリストからTD_SYSFNLIBを選択します。
  11. 関数の名前を入力し、含めるを選択します。
    名前を正確に入力するか、または任意の文字数を示すアスタリスク(*)をワイルドカードとして使用することができます。例えばQGInitiator*を使用すると、QGInitiatorImportQGInitiatorExportの両方に一致する1つのスロットルを作成できます。
  12. OKを選択します。
  13. 保存を選択します。
  14. 状態の詳細設定 タブを選択します。
  15. デフォルトの設定でボックスを選択し、同時実行を許可するクエリーの数を入力します。
  16. 次のいずれかを実行します。
    • 遅延を選択し、制限を超えるクエリーを遅延キューに配置します。
    • 拒否を選択します。
  17. 保存を選択します。
  18. ルールセットをアクティブにするには、次の操作を行ないます。
    1. ワークロード管理ビューで、必要なルールセットの横にある""を選択し、アクティブ状態にするを選択します。