2.16 - Scala REPLの起動 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
spark-shellと呼ばれるScala Read-Eval-Print-Loop (REPL)は、Spark SQLイニシエータと通信するためにサポートされるクライアントです。Spark SQLイニシエータを使用するには、次のJARファイルを使用してspark-shellを起動する必要があります。
  • spark-loaderfactory
  1. spark-shellを起動するノードにログオンします。
  2. /opt/teradata/tdqg/connector/tdqg-spark-connector/<version>/lib/)でコネクタのパスを特定します。
  3. JARファイルを追加します。
  4. spark-shellを起動します。
    次に、spark-shellを起動するためのパスの例を示します。
    spark-shell --jars /opt/teradata/tdqg/connector/tdqg-spark-connector/
    version/lib/spark-loaderfactory-version.jar --master yarn
    CDHクラスタを使用している場合は、spark-shellの代わりにspark2-shellコマンド名を使用してください。