2.16 - データ ソース システムのインポート - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
データ ソース システムのインポートは、システムがすでに別のQueryGridマネージャクラスタで管理されている場合にデータ ソース システムを追加する代替方法です。他のQueryGridマネージャ クラスタへのアクセス権限がある場合は、すべてのノードを新しいQueryGridマネージャクラスタに登録するよりも、システムのインポートが簡単になります。
  1. ファブリック コンポーネントで、システムを選択します。
  2. システムの横にある""を選択します。
  3. システムのインポートを選択します。
  4. システムとノードがすでに追加されているクラスタでの、既存のQueryGridマネージャの1つに対して、ホスト名またはIPアドレスを入力します。
  5. QueryGridマネージャユーザー名を入力します。
  6. QueryGridマネージャ ユーザーのパスワードを入力します。
  7. 次へをクリックします。