2.16 - Teradata Vantageの同時実行クエリー - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

ワークロード管理ポートレットには、QueryGridテーブル演算子(QGInitiatorImport、QGInitiatorExport、QGRemoteImport、QGRemoteExportなど)のインポートとエクスポートにおけるクエリーの同時実行を制限するための、デフォルトのTeradata Dynamic Workload Manager(TDWM)のルールが含まれていません。

TDWMでカスタム ルールを作成し、標準的な状況で6~8の範囲の同時実行クエリーを使用して、これらの演算子の同時実行制限を設定することをお勧めします。このクエリー数の制限を50以上に増やすことができますが、同時実行数を増やすとクエリーの待機時間の面で負荷がかかることを念頭に置いてください。同じ種類のオブジェクトがルールに複数含まれている場合、オブジェクトはORで論理的に結合されます。ベスト プラクティスは、コネクタ テーブル演算子のスロットル ルールを作成するときに、関数以外のオブジェクトを含めないことです。

TASMスロットル ルールの詳細については、<Teradata® Databaseワークロード管理ユーザー ガイド、B035-1197>を参照してください。

Viewpointのワークロード管理の使用に関する詳細については、<Teradata® Viewpointユーザー ガイド、B035-2206>を参照してください。