2.16 - CREATE AUTHORIZATIONおよびREPLACE AUTHORIZATION - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

Teradataシステムの許可オブジェクトを作成または置き換えます。許可には、リモート プラットフォームに存在するユーザー アカウントの資格情報が格納されています。資格情報は、外部サーバー オブジェクトで指定されているプラットフォーム上でのみ有効である必要があり、Teradataシステムまたは基になるオペレーティング システムで有効である必要はありません。CREATEまたはREPLACE AUTHORIZATION文でTRUSTEDを指定した場合、データベースは資格情報を検証しません。

リモート プラットフォームで有効な信頼証明を使用してリモート プラットフォームにログオンするために、外部サーバー オブジェクトが許可オブジェクトを使用します。Teradataユーザーが外部サーバーを使用するリクエストを行なう場合、外部サーバー オブジェクトは認証のために許可オブジェクトから信頼情報を提供します。これにより、リモート プラットフォームで実行されるリクエストのどの部分でも、リモート プラットフォームのユーザー アカウントに付与されたコンテキスト、権限、およびアクセス制御を使用できるようになります。例えば、外部サーバーがKerberosで保護されたサーバーに接続する場合、関連する許可オブジェクトにそのサーバーのユーザー アカウントの信頼証明が含まれている必要があります。

この構文のテーブルでは、CREATE AUTHORIZATIONおよびREPLACE AUTHORIZATION構文図の、Teradata QueryGridに固有の部分のみについて説明します。CREATE AUTHORIZATIONおよびREPLACE AUTHORIZATIONを使用する他の構文については、<Teradata® DatabaseのSQLデータ定義言語 - 構文と例、B035-1144>を参照してください。

構文

{ CREATE | REPLACE } AUTHORIZATION [ database_name. | user_name. ] authorization_name
  [ AS ] [ INVOKER | DEFINER [ DEFAULT ] ]
  TRUSTED USER 'fs_user_name' PASSWORD 'fs_user_password' [;]