2.16 - Teradata QueryGridマネージャからの古いソフトウェア バージョンの削除 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata QueryGridマネージャから古いバージョンのソフトウェアを削除するには、コマンド ライン ユーティリティcleanup-software.shを使用します。このユーティリティは、指定期間に使用されていないファブリック、ノード、およびコネクタ ソフトウェアをクリーンアップします。

cleanup-software.shのオプションは次のとおりです。

./cleanup-software.sh --help
usage: cleanup-software [-d <days>] [-h] [-m <host>] [-n] 

Cleanup older software that is no longer being used. 

options:
 -d,--days <days>      The number of days old the software should be
                       before considering it for removal. Defaults to 7.
 -h,--help             Print this message
 -m,--manager <host>   The hostname of the QueryGrid manager to connect
                       to. Defaults to localhost.
 -n,--no-ssl           Use HTTP instead of HTTPS to connect to the manager.
  1. Teradata QueryGridマネージャが実行されているシステムにログオンします。
  2. /opt/teradata/tdqgm/binから./cleanup-software.shを実行します。
    このコマンドは、rootまたはtdqgmユーザーとして実行する必要があります。
    Removing unused software older than 2016-08-25T10:26:41.356-0700.
    Deleted tdqg-fabric-02.00.00.00_SNAPSHOT.tar.gz.
    Deleted tdqg-presto-connector-02.00.00.00_SNAPSHOT.tar.gz.
    Deleted tdqg-node-02.00.00.00_SNAPSHOT.tar.gz.
    Deleted tdqg-teradata-connector-02.00.00.00_SNAPSHOT.tar.gz.
    […]