2.16 - Spark SQL-Teradataコネクタ間のリンクの検証 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
これらのステップを完了して、Spark SQL-Teradataコネクタの間リンクを確認します。
  1. Spark SQL-Teradata間の外部サーバーの構成で説明されているすべてのステップを完了していることを確認します。
  2. spark-shellセッションがアクティブでなくなった場合は、以前に作成された外部サーバーをロードします。

    例:

    scala> val s1 = new ForeignServer("fs1")
    Loading existing Foreign Server...
    Foreign Server ready to use
    s1: tdqg.ForeignServer = tdqg.ForeignServer@5feff876
  3. 既存のリモート テーブルを参照する非ネイティブ テーブルを作成します。

    例:

    scala> s1.create("test_nn_table", "user1.players")
  4. 作成された非ネイティブ テーブルについての説明を記述し、結果を確認します。

    例:

    scala> s1.describe("test_nn_table")
    +--------+---------+-------+
    |col_name|data_type|comment|
    +--------+---------+-------+
    |number  |int      |null   |
    |name    |string   |null   |
    +--------+---------+-------+
    (上の例のように)データベース名を指定しないで非ネイティブ テーブルを作成した場合、テーブルは一時テーブルとみなされ、現在のセッションが終了すると自動的に削除されます。永続的な非ネイティブ テーブルを作成するには、データベース名を指定する必要があります。