2.16 - Spark SQLターゲット コネクタ ユーザーの設定 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Spark Execution Mechanismプロパティは、Sparkへのクエリー送信のためにQueryGrid Sparターゲット コネクタが使用します。このプロパティ設定によっては、追加の構成が必要になります。
  1. 使用する構成に基づいて、以下のいずれかを実行します。
    構成 説明
    Sparkアプリケーション tdqgユーザーは他のユーザーとしてSparkアプリケーションを起動できる必要があります。この代理ログインを有効にするには、core-site.xmlに次のエントリを追加します。
    <property>
    	<name>hadoop.proxyuser.tdqg.hosts</name>
    	<value>*</value>
    </property>
    <property>
    	<name>hadoop.proxyuser.tdqg.groups</name>
    	<value>*</value>
    </property>
    Sparkを使用する場合、この手順はKerberos環境以外の環境では必須です。新しいユーザーごとにcore-site.xmlファイルを更新する必要はありません。
    Spark Thriftサーバー 変更は必要ありません。