2.16 - PrestoコネクタのINSERT構文 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Prestoを使用して、INSERTステートメントを使用してデータを既存のテーブルに保存し、リモート システムにデータをエクスポートすることができます。リモート テーブルは空にすることもデータを含めることもできます。リモート テーブルにすでにデータが含まれている場合、エクスポートされたデータは既存のテーブルに追加されます。

例: PrestoからへTeradataのINSERT

この例では、リモートのTeradataシステム テーブルにデータを挿入する、Prestoで開始されるエクスポート リクエストを示します。

INSERT INTO QG_TD1.DB1.TD_CARDATA SELECT * from hive.default.cardata;

QG_TD1はPrestoとTeradataのリンクを参照するために使用されるカタログ、DB1はTeradataシステム、TD_CARDATAはTeradataシステム上の挿入先のテーブルです。