2.16 - 2.x Teradataコネクタへの1.x Teradata外部サーバー定義の移行 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
QueryGrid 2.x Teradataコネクタは、QueryGrid 1.x Teradata-to-X Connectorに使用されるSQLデータ操作言語と互換性があります。QueryGrid 2.xで、1.xコネクタで使用するものと同じSQLを使用する場合、1.x外部サーバー定義を移行して2.xコネクタで使用できるようにすることができます。

次の手順では、ユーザーに対するFOREIGN SERVER権限とアクセス権を保持します。

  1. QueryGrid 1.x外部サーバーで実行されているすべてのクエリーを停止します。
  2. FOREIGN SERVERをQueryGrid 1.xで使用する場合は、次のように入力して、FOREIGN SERVERの説明、カスタム句のリスト、およびFOREIGN SERVERに使用するインポートおよびエクスポート関数を表示します。
    SHOW FOREIGN SERVER bock_classic2;
    CREATE FOREIGN SERVER TD_SERVER_DB.bock_classic2
    EXTERNAL SECURITY INVOKER TRUSTED UT1PROXY3 USING
    Hosttype  ('Teradata')
    remotehost  ('bock1.labs.teradata.com')
    ip_device  ('byn1')
    port  ('5000')
    read_timeout  (200 )
    listen_timeout  (60 )
    concurrentstreams  (1 )
    DO IMPORT WITH SYSLIB.LOAD_FROM_TD ,
    DO EXPORT WITH SYSLIB.LOAD_TO_TD ;
    
  3. QueryGrid 1.x外部サーバーから古いNVPをすべて削除します。
    ALTER FOREIGN SERVER TD_SERVER_DB.bock_classic2 DROP hosttype, drop remotehost, drop ip_device, drop port, drop read_timeout, drop listen_timeout, drop concurrentstreams, drop IMPORT, drop EXPORT;
  4. 新しいNVPをQueryGrid 1.x外部サーバーに追加します。
    ALTER FOREIGN SERVER TD_SERVER_DB.bock_classic2 ADD link(‘bock_ng’), add IMPORT WITH TD_SYSFNLIB.QGINITIATORIMPORT, add export with TD_SYSFNLIB.QGINITIATOREXPORT;
  5. 新しいQueryGrid 2.x FOREIGN SERVERを表示します。
    SHOW FOREIGN SERVER bock_classic2;
    CREATE FOREIGN SERVER TD_SERVER_DB.bock_classic2
    EXTERNAL SECURITY INVOKER TRUSTED UT1PROXY3 USING
    LINK(‘bock_ng’)
    DO IMPORT WITH TD_SYSFNLIB.QGINITIATORIMPORT,
    DO EXPORT WITH TD_SYSFNLIB.QGINITIATOREXPORT;
    
    2.x外部サーバーにQueryGrid 2.xの名前と値のペアを構成する方法の詳細については、以下を参照してください。