2.16 - QueryGridマネージャの局所性と高可用性のガイドライン - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

高可用性環境では、計画的または計画外の停止中に1つのインスタンスがオフラインになった場合にQueryGrid機能が中断しないように、少なくとも2つのQueryGridマネージャ インスタンスが必要です。QueryGridマネージャを同じデータ センターまたはリージョンに保持することで、QueryGridクエリーにより生成されたクエリー測定基準とログがリージョンから離れないようにすることをお勧めします。リージョンに含まれるデータ ソース ノードの数が少ない場合は、別のリージョンのQueryGridマネージャを使用しても問題ありません。データ ソース ノードとQueryGridマネージャの関係は、各コンポーネントが存在するデータ センターに基づきます。新しいデータ ソース システムを追加する場合は、優先QueryGridマネージャに関連付けられているデータ センターを選択します。