2.16 - ノード自動削除の有効化 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
指定した期間オフラインになっているノードをQueryGridマネージャクラスタから自動で削除するようにスケジュールできます。
この機能は、Hadoopプラットフォームなど、削除されたノードをQueryGridが自動で検出することなく頻繁に拡張するクラスタでのみ有効にします。

以下はコマンド ライン用の手順ですが、この機能は、Viewpoint QueryGridポートレットでシステムを追加または編集する際にも有効にできます。

  1. Teradata QueryGridマネージャが実行されているシステムにログオンします。
  2. /opt/teradata/tdqgm/binから、auto-node-delete.shスクリプトを実行してこの機能を有効または無効にします。
    オフライン時間に指定できるに有効な値は1~1000時間です。ノードが削除を保留している場合、この機能を無効にするとノードは削除されません。
    [root@system1 bin]# ./auto-node-delete.sh -h
    Starting auto-node-delete command, just a moment...
    usage: auto-node-delete [-d] [-e] [-h] [-m <host>] [-n] [-s <system>] [-t
     <time>]
    Configure automatic node deletion for a system.
    options:
     -d,--disable Flag to disable the node auto-delete feature.
     -e,--enable Flag to enable the node auto-delete feature.
     -h,--help Print this message
     -m,--manager <host> The hostname of the QueryGrid manager to connect
     to. Defaults to localhost.
     -n,--no-ssl Use HTTP instead of HTTPS to connect to the
     manager.
     -s,--system <system> The name of the system.
     -t,--time <time> Number of hours a node is offline before being
     auto deleted when the feature is enabled.