2.16 - 新しいサーバーへのQueryGridマネージャの移行 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. 元のサーバーと同じバージョンのQueryGridマネージャを新しいサーバーにインストールします。
  2. 新しいサーバーでjoin-clusterコマンドを実行して、元のサーバーにクラスタ化します。
  3. 両方のサーバーを同時に5分間実行して、すべてのデータ ソース ノードが新しいQueryGridマネージャインスタンスを認識するようにします。
  4. 元のQueryGridマネージャインスタンスをシャットダウンします。
  5. QueryGridが正常に機能していることを確認するために、QueryGridクエリーを実行し、QueryGridポートレットの問題ビューで問題がレポートされていないことを確認します。
  6. 元のQueryGridマネージャをクラスタから削除します。
    詳細については、クラスタからのTeradata QueryGridマネージャの削除を参照してください。
  7. 元のサーバーでQueryGridマネージャソフトウェアをアンインストールします。
    例えば、rpm -e tdqg-managerコマンドを使用します。