2.16 - カスタム プッシュ プロファイルの作成 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
カスタム プッシュ プロファイルの設定は、ワークロードとTeradataカスタマー サポート担当者の推奨事項に基づいている必要があります。
この手順は、次のマクロを使用してカスタム プッシュ プロファイルを作成する方法を示しています。
  • コピー マクロ(TD_COPY_PUSHPROFILE)
  • 上書きマクロ(TD_OVERWRITE_PUSHPROFILE)
Hiveは、例として使用されます。同じステップを使用して、TeradataとPrestoのカスタム プッシュ プロファイルを作成します。
  1. カスタム プッシュ プロファイルを作成します。
    オプション ステップ
    プッシュ プロファイルのコピーおよび上書き
    1. デフォルト プッシュ プロファイルをコピーし、名前を変更します。
      次の例では、デフォルト プッシュ プロファイルHIVE_V1がコピーされ、Hive_Custom1に名前が変更されました。
      EXECUTE TD_COPY_PUSHPROFILE(‘HIVE_V1’, ‘Hive_Custom1’);
    2. プッシュ プロファイルを更新します。
      次の例では、上書きマクロを使用して、既存のカスタム プッシュ プロファイル(Hive_Custom1)全体を新しいJSON仕様で上書きしています。
      EXECUTE TD_OVERWRITE_PUSHPROFILE('Hive_Custom1', new
      JSON(‘{"SourceProfile":"Hive_V1",
      "ColOp":[{"timestamp":false,"varbyte":false,"byte":false,
      "CompareOp":{"default":true,"GT":false,"LT":false}}],
      "AggrOp":{"count":false}}’))