2.16 - ノードの自動追加 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
自動インストールは、QueryGridマネージャにノードへの直接ネットワーク接続がある場合にのみ機能します。接続がない場合は、手動でのノードの追加の方法を使用します。

プロキシ サポートが有効になっている場合は、最初にQueryGridマネージャに接続できるノードをインストールしてから、直接アクセスできないノードに対してこのプロセスを繰り返す必要があります。

  1. ファブリック コンポーネントで、システムを選択します。
  2. ノードを追加するシステムを選択します。
  3. ノードタブで、ノードの横にある""を選択します。
  4. 自動インストール: SSHを使用してtdqgノード パッケージと自動生成された構成ファイルを全ノードにインストールします。を選択します。
  5. tdqgノード ソフトウェアをインストールするノードを選択するには、次のいずれかを行ないます。
    オプション 説明
    関連付けられているViewpointシステム

    Hadoopシステムのみ。

    1. リストからシステムを選択します。

    選択したシステムがViewpointによって監視されている場合、ノードボックスには利用可能なノードの名前が自動的に入力されます。

    ノード ボックス
    1. QueryGridでノードのIPアドレスまたはホスト名を手動で入力します。

    1行につき1つのアドレス/ホスト名を追加します。

  6. 次のクラスタ オプション値のいずれかを選択します。
    説明
    PRIMARY 現在のQueryGridマネージャクラスタをプライマリ クラスタにします。既存のプライマリ クラスタがすでにある場合は、現在のクラスタがプライマリになり、既存のクラスタがセカンダリ クラスタになります。
    EXCLUSIVE_PRIMARY 現在のQueryGridマネージャクラスタをプライマリ クラスタおよび唯一のQueryGridマネージャクラスタにして、既存のプライマリ クラスタまたはセカンダリ クラスタを削除します。
    SECONDARY プライマリ クラスタがない場合以外は、現在のクラスタをセカンダリQueryGridマネージャクラスタとして追加します。プライマリ クラスタがない場合は、現在のクラスタがプライマリ クラスタとして追加されます。
  7. 同時インストールボックスに、同時にインストールできるノードの数を設定する整数を入力します。
    有効な値の範囲は1から100です。 デフォルト値は10です。
  8. SSHユーザーボックスに、SSHユーザーの名前を入力します。
    SSHユーザーは、rootユーザーであるか、またはsudoまたはdzdoを使用してroot権限でコマンドを実行できるユーザーである必要があります。
  9. 認証メカニズムで、SSHの使用時にノードへのログオンに通常使用する認証メカニズムを選択し、対応する値を入力します。
    • パスワード
    • SSHキー
  10. 保存を選択します。
  11. プロキシ サポートが有効になっている場合は、直接アクセスできないノードに対してこのプロセスを繰り返します。
  12. (オプション)ノードのインストール ステータスアボートを選択できます。