2.16 - ロール マッピングの使用上の注意事項 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Teradataイニシエータは、開始ユーザーの現在のロールを引き受け、ユーザーが複数のロールを有効にしている場合はロールALLを引き受けます。

Teradata-to-Teradata

  • proxyrole=targetロールがQueryBandに追加されます。
  • JDBC文が作成されるとSET ROLE target roleが開始され、デフォルトのロールが保存されます。
  • JDBC文が閉じるとSET ROLE default roleが開始されます。
  • すべてのクエリーで、JDBC文が閉じるとSET QUERY_BAND=NONE FOR SESSIONを使用してQueryBandがリセットされます。

Teradata-to-Presto

  • JDBC文が作成されるとSET ROLE target roleが開始され、デフォルトのロールが保存されます。
  • JDBC文が閉じるとSET ROLE default roleが開始されます。

Teradata-to-Hive

  • JDBC文が作成されるとSET ROLE target roleが開始され、デフォルトのロールが保存されます。
  • JDBC文が閉じるとSET ROLE default roleが開始されます。

Teradata-to-Spark

サポートされていません。

Teradata-to-Oracle

  • JDBC文が作成されるとSET ROLE target roleが開始され、デフォルトのロールが保存されます。
  • JDBC文が閉じるとSET ROLE default roleが開始されます。