2.16 - イニシエータ カタログのプロパティ ファイルの定義 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
手動で作成および編集したプロパティ ファイル内にあるPrestoコネクタ用のカタログ プロパティを定義できます。これはQueryGridポートレットを使用して定義するTeradataコネクタ プロパティとは異なります。

Prestoカタログ プロパティ ファイルはデータ ソースを参照し、そのデータ ソース コネクタに関連付けられたプロパティのセットを維持します。 コネクタごとに1つ以上のカタログを持つことができます。Prestoコネクタには複数のイニシエータ カタログを持つことができ、そのそれぞれにリンクとバージョンのペアを設定できます。カタログ プロパティ ファイルはTeradataコネクタのCREATE FOREIGN SERVERステートメントに類似しています。

ファイルを手動で編集した後、新しい構成を有効にするには、Prestoサーバーを再起動する必要があります。

  1. PrestoがインストールされるHadoopクラスタのアクティブなノードに管理者としてログオンします。
  2. イニシエータ カタログ プロパティ ファイル~/.prestoadmin/catalog/name.propertiesを作成して編集します。
    例えば、tdh234m1sdld0461_active.propertiesという名前のファイルを作成して編集します。次の内容をファイルに追加します。
    connector.name=qginitiator
    qginitiator.linkName=tdh234m1sdld0461
    qginitiator.version=active
  3. presto-admin catalog add nameを実行して、すべてのノードにプロパティ ファイルをデプロイします。
    例:

    presto-admin catalog add tdh234m1sdld0461_active

  4. Prestoクラスタを再起動します。
    presto-admin server restart
  5. Presto CLIで、SHOW CATALOGSコマンドを使用して、新たに作成されたプロパティ ファイルが存在することを確認します。
    次を実行します。
    tdh234m1:~ # presto-cli --server localhost:8090
    presto:testuser> show catalogs;
    結果:
    Catalog
    -------------------------
     hive
     system
     tdh234m1sdld0461_active
     tpch