2.16 - PrestoからTeradataへのリンクの検証 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
次のステップを実行して、PrestoからTeradataへのリンクを確認します。例えばPrestoからTeradataへのリンクの場合は、以下のように実行します。
  1. Prestoコネクタがインストールされるマスター ノードにPrestoユーザーとしてログオンします。
  2. PrestoからTeradataへのリンク プロパティ ファイルのセットアップを確認するには、Presto CLIを呼び出してから、SHOW CATALOGSを実行します。例えば、PrestoからTeradataへのコネクタ リンクの場合は次のようになります。
    tdh234m1:~ # presto-cli --server localhost:8090
    presto> use hive.testuser;
    presto:testuser> show catalogs;
    出力の例を次に示します。この出力では、PrestoからTeradataへのリンク プロパティ ファイルtdh234m1sdld0461_activeがセットアップされ、Prestoによってカタログとして認識されたことを示しています:
    Catalog
    -------------------------
    hive
    system
    tdh234m1sdld0461_active
    tpch
  3. SHOW SCHEMAS FROM <catalog_name>を実行することにより、Teradataシステムのすべてのデータベースを取得します。 例:
    presto:testuser> show schemas from tdh234m1sdld0461_active;
    出力の例を次に示します。この出力では、ターゲットのTeradataシステムに存在するシステム データベースを含むすべてのデータベースを取得したことを示しています:
    Schema
    -------------------------
    PUBLIC
    SQLJ
    SYSBAR
    …
    testuser
    …
  4. SHOW TABLES FROM <catalog_name>.<schema_name>を実行することにより、Teradataシステムのすべてのテーブルを取得します。例:
    presto:testuser> show tables from tdh234m1sdld0461_active.testuser;
    出力の例を次に示します。この出力では、ターゲットのPrestoシステムに存在するtestuserデータベース内のすべてのテーブルを取得したことを示しています:
    Schema
    -------------------------
    testtable1
    testtable2
    …
  5. Prestoでenable_dynamic_filteringfalseに設定されていることを確認します。
    show session

    falseに設定されていない場合は、動的フィルタリングが無効であることを確認します。動的フィルタリングの無効化で説明されているオプションのいずれかを実行することを推奨します。構成ファイルの変更を有効にするには、Prestoサーバーを再起動する必要があります。