2.16 - 結合トークンの作成 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
SSH信頼証明を要求せずに新しいQueryGridマネージャをクラスタに追加するには、既存のQueryGridマネージャクラスタで結合トークンを生成します。標準SSH接続が無効または使用できない環境でクラスタを作成するには、結合トークンが必要です。
  1. クラスタ内の既存のTeradata QueryGridマネージャTMS、VM、またはサーバー インスタンスのいずれかにログオンします。
  2. コンソール ウィンドウで、次のスクリプトをrootまたはtdqgmユーザーとして実行します。
    /opt/teradata/tdqgm/bin/create-join-cluster-token.sh
    [root@qgm1~]#/opt/teradata/tdqgm/bin/create-join-cluster-token.sh 
    Starting create-join-cluster-token command, just a moment... 
    Join cluster token created. It expires in 1 day. 
    Join Cluster ID: f15f78ab-30d8-4e55-a3db-b75ea50850e6 
    Join Cluster Host: 10.27.81.46 
    Join Cluster Token: yyyzFeBnvQlnK8jcjDwmxJrSSXFJPnuIMBdxZrEW0Rx+SxT5yQLRHlb8dkEGMHBhnBBcomWrV92s5EQd89kFbA== create-join-cluster-token command successful.
  3. トークンの出力をコピーし、クラスタに追加されるQueryGridマネージャ インスタンスから実行されるjoin-clusterコマンドへの入力として使用します。
    生成されたトークンの有効期間は、デフォルトで24時間です。トークンの有効期間の日数を増やすには、-d[days]オプションを指定します。