2.16 - アクティブ、保留中、および以前のTeradata QueryGrid構成 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Teradata QueryGrid構成を変更すると、実働環境のワークロードに影響を与える可能性があります。構成の変更には、次の変更が含まれます。
  • ファブリック、コネクタ、およびノード ソフトウェア パッケージのバージョン
  • ファブリックの構成
  • コネクタの構成
  • リンクとリンク ペア
  • リンクに関連付けられたネットワーク、通信ポリシー、およびユーザー マッピング

ファブリック、コネクタ、およびソフトウェア パッケージにはバージョンがあり、上記の各コンポーネントにはTeradata QueryGrid構成のバージョンが含まれています。Teradata QueryGrid構成の各コンポーネントは、次のいずれかの状態になります。これらの状態により、Teradata QueryGrid構成への変更を管理できます。

ファブリック プロセスはポートにバインドされるため、アクティブ保留中ファブリックを同時に実行するには、3つの個別のポート(5000、5001、5002など)が必要です。

アイテム 説明
アクティブ 本番環境の実働ワークロードをアクティブに処理する構成。構成はテストおよび検証されています。

アクティブなバージョンを置き換えると、前のアクティブ バージョンが以前バージョンになり、その前のバージョンが削除されます。

保留中 (実働ワークロードに影響せずに)テストするために本番環境にプッシュされた新規または変更済みの構成。

保留中バージョンをアクティブにすると、置き換える前のアクティブ バージョンが以前バージョンになります。

本番環境の以前の構成。

以前バージョンをアクティブにすると、アクティブ バージョンが以前バージョンになり、保留中バージョンは保留中のままになります。

詳細については、アクティブ、保留中、または以前のバージョンでの作業を参照してください。