2.16 - Teradata QueryGridマネージャのデフォルト設定へのリセット - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
コマンド ライン ユーティリティのreset.shを使用して、Teradata QueryGridマネージャをデフォルトの設定にリセットします。
  1. Teradata QueryGridマネージャが実行されているシステムにログオンします。
  2. /opt/teradata/tdqgm/binから./reset.sh -fを実行し、プロンプトが表示されたらyと入力します。
    このコマンドは、rootまたはtdqgmユーザーとして実行する必要があります。
    結果: マネージャがクラスタの一部の場合、マネージャはオフラインで報告されます。
    リセットされたQueryGridマネージャ インスタンスをViewpointに追加する前に、少なくとも5分間待ちます。このQueryGridマネージャを参照するViewpointで以前の監視対象システムを削除して置き換える必要があります。