2.16 - ネットワークの要件 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
QueryFabricでは、ユーザーのLAN、BYNETまたはInfiniBandを介してクエリーに参加する各データ ソース ノード間で方向を問わず、指定されたファブリック ポート(ポート5000など)を介してTCP接続を確立する機能が必要です。直接接続が利用できない場合は、システム間の接続を「ブリッジ」できます。この双方の向要件は、以下のシステム チェックで管理できます。

QueryGrid 2.15以降を使用するシステムでは、データ転送接続は、データをエクスポートするデータ ソース システムからデータをインポートするデータ ソース システムに確立されます。インポートするノードへの接続確立の失敗は、各エクスポート ノードによって少なくとも1つのインポート ノードへの接続を確立できる限り、致命的なエラーではありません。クエリー中の接続エラーは、Viewpointクエリー モニターポートレットでQueryGridビューにある警告タブで報告されます。