2.16 - PrestoコネクタのSELECT構文 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

クエリーのSELECTステートメントでは、catalog_name.schema_name.table_nameを使用できます。データベースを指定しなかった場合、デフォルトでQueryGridポートレット内のコネクタ プロパティに対して構成されているデータベースが使用されます。

この外部サーバー文法は、結合および通常のテーブル(ビュー、マクロ、ストアド プロシージャを含む)を参照するその他の任意の場所で使用できます。

プッシュダウン述語では、AND、OR、GT、LT、LE、GE、EQ、ISNULL、IS NOT NULL、IN、NOT IN などの論理式がサポートされます。

TeradataからPresto、およびPrestoからTeradataのデータ型のマッピングについては、Teradata QueryGridコネクタのデータ型マッピングを参照してください。

例: PrestoからTeradataへのSELECT

この例では、リモートTeradataシステムからデータを取得するためにPrestoで開始されたインポートを示します。プッシュするクエリー述語は、Prestoサーバーによって制約クラス内のコネクタに提供され、リモートTeradataシステムに対するプッシュダウンに使用されます。

SELECT MAKE, MODEL FROM QG_TD1.DB1.TD_CARDATA WHERE MAKE = 'BUICK';
make    model
------  --------------------
Buick   Century
Buick   Enclave

ここで、QG_TD1はPrestoからTeradataへのリンクを参照するために使用されるカタログです。DB1はリモート システムのデータベース名またはスキーマ名で、TD_CARDATAはリモート システム上のテーブルを示します。