2.16 - Teradataシステム ノードでのTeradataイニシエータ コネクタのインストールの完了(Viewpoint 16.20以降) - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
ファブリックにコネクタを追加すると、QueryGridはすべてのTeradataシステム開始ノードで次のタスクを実行します。
  • インストールを実行するために必要なディレクトリを作成します。
  • Teradataコネクタ パッケージをインストールします。Teradataコネクタ パッケージには、以下が含まれています。
    • 基本的なSQLクエリーを実行するための単純なインターフェースを提供するストアド プロシージャ
    • でリモート テーブルの最適化(RTO)を使用できるようにするプッシュ プロファイル コード、関連付けられた関数、およびマクロQueryGrid
この手順には、次の操作が含まれます。
  • Teradataコネクタ パッケージ コンポーネントを展開して配布するためのインストール スクリプトの実行
  • 追加のセットアップ ステップ
  1. コネクタ パッケージがTeradataのソフトウェア ダウンロード サイトからダウンロードされていることQueryGridポートレットにアップロードされていること、およびコネクタがファブリックに追加されていることを確認します。
  2. ファブリックの構成で、ファブリックを選択します。
  3. Teradata開始ノードを含むファブリックを選択します。
  4. コネクタタブを選択します。
  5. Teradataシステム ノードのTeradata開始コネクタの横にある""を選択して、インストールを選択します。
  6. コネクタ インストレーションから、次のいずれかを選択します。
    • アクティブ
    • 保留中
  7. ドライバ ノードの選択リストで、インストール スクリプトを実行するドライバ ノードを選択します。
  8. インストール スクリプトを実行できるようにするには、Teradataシステムの管理者(DBCなど)のユーザー名およびパスワード ログオン情報を入力します。
  9. トランザクション モード リストで、次のいずれかを選択します。
    モードによってストアド プロシージャの実行方法が決まります。
    オプション 説明
    Teradataモードで実行されているシステムの場合: TERAを選択します。
    ANSIモードで実行されているシステムの場合: ANSIを選択します。
  10. 実行を選択します。
    ストアド プロシージャおよびRTOコンポーネントは、すべてのTeradataシステム ノードにインストールされます。
  11. ドライバ ノードの選択リストで指定されたドライバ ノードが成功フィールドに表示されていることを確認して、正常にインストールされていることを確認します。
  12. (オプション) Teradataシステム ノードにストアド プロシージャがインストールされていることを確認します。
    1. DBCなどの管理者として開始Teradataシステムにログオンします。
    2. 関連する外部サーバーを作成します。

      例:

      CREATE FOREIGN SERVER target_server_name_efssp
      EXTERNAL SECURITY DEFINER TRUSTED target_server_auth
      USING
      LINK('linkname')
      VERSION ('version’)
      DO IMPORT WITH TD_SYSFNLIB.QGExecuteForeignQuery;
    3. td_server_dbから、ターゲット サーバーにおけるSELECT権限を開始エンド ユーザーに付与します。

      例:

      GRANT SELECT on td_server_db.target_server_name_efssp to initiating_end_user;
      
    4. ターゲット システムにDDLまたはDCLクエリーを実行します。

      例:

      .logon initiating_end_user, initiating_end_user
       
      CALL SYSLIB.ExecuteForeignSQL(‘DDL’, ‘target_server_name_efssp’);