2.16 - 使用方法に関する注意 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • 許可は、外部サーバーのターゲット プラットフォームでの認証にKerberosなどの外部セキュリティ システムを使用している場合にのみ必要です。
  • Hadoopでの認証がKerberosなどの外部セキュリティ システムによって実行される場合は、INVOKER TRUSTEDまたはDEFINER TRUSTEDを使用する必要があります。
  • Teradataユーザーと外部サーバーのターゲット プラットフォーム上のユーザー間で1対1のマッピングを作成する場合はINVOKER TRUSTEDを使用します。例えば、TeradataとKerberosに対して同じユーザー名を使用する場合です。
  • Teradataユーザーと外部サーバーのターゲット プラットフォームのユーザー間で多対1のマッピングを作成する場合はDEFINER TRUSTEDを使用します。例えば、複数のTeradataユーザーで外部サーバーに対してリクエストを実行し、ターゲット プラットフォームで1つのKerberosアカウントを使用する場合などです。
  • QueryGridポートレットで、ユーザー名とパスワード コネクタのプロパティを設定します。これらのプロパティが許可オブジェクトのイニシエータによって指定されていない場合に、コネクタの診断チェックおよびエンドツーエンドのクエリーにこれらのプロパティが使用されます。
  • INVOKER TRUSTEDを使用する別のユーザーの許可を作成する場合は、user_dbnameを指定する必要があります。外部サーバーにリクエストを送信するセッション ユーザーに関連付けられたユーザー名を指定します。user_dbnameを指定しない場合は、許可はユーザー データベースに保存されます。
  • 許可は、それを格納するデータベースで領域を占有することはありません。
  • 信頼証明が外部サーバーのターゲット プラットフォーム上で変更される場合は、必ず信頼証明を承認オブジェクト内で置換する必要があります。無効な情報の更新に失敗した場合は、外部サーバー オブジェクトを次回参照しようとしたときにエラー メッセージが表示されます。
  • 許可オブジェクトは、削除時に複数の外部サーバー オブジェクトによって使用されていることがあります。外部サーバー オブジェクトを削除するか、または有効な許可オブジェクトを指定するように外部サーバー オブジェクトを変更します。無効な情報を更新できなかった場合は、外部サーバー オブジェクトを次回参照しようとしたときにエラー メッセージが表示されます。