2.16 - INSERT構文とTeradataコネクタ - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

INSERT文を使用して既存のテーブルにデータを置くことにより、リモート システムにデータをエクスポートできます。テーブルは空かデータが保存された状態にできます。テーブルにすでにデータが含まれている場合、エクスポートしたデータは既存のテーブルにあるデータに追加されます。

リモート データベースにデータベースが何も指定されていない場合は、ターゲット コネクタのタイプやユーザー マッピングに応じて、現在のセッションのデータベース、またはコネクタのデフォルトのデータベースのいずれかが使用されます。

例: TeradataからPrestoへのINSERT

この例では、 Teradata テーブルからリモートのPrestoシステムのテーブルにデータを挿入するために、外部サーバー オブジェクト(new_cardata@QG_Presto1)を使用してTeradataで開始されるエクスポート リクエストを示します。

INSERT INTO new_cardata@QG_Presto1 SELECT * FROM td_cardata;