2.16 - APIを使用したTeradataと外部サーバー間のクエリーの監視 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

ユーザーのリクエストに応じてTeradataと外部サーバー間のデータ転送を監視するには、次のAPIを使用できます。

  • PM/API MONITOR SESSION
    MONITOR SESSIONリクエストを使用する場合は、mon_ver_idを11に設定します。ここで、mon_ver_idは現在のリリースのモニター ソフトウェアのバージョンIDフィールドです。
  • Open API MonitorMySessions
  • Open API MonitorSession
APIは次の値を返します。
フィールド名/列名 説明
ReqTblOpBytesIn 現在のリクエストに対し、1つまたは複数のテーブル演算子を通して外部サーバーからTeradataシステムに転送されたバイト数の合計です。
このリクエストには、1つまたは複数のテーブル演算子の実行が含まれることがあります。ReqTblOpBytesIn出力パラメータは、リクエスト内のすべての呼び出し間で転送されるバイト数を示します。
ReqTblOpBytesOut 現在のリクエストに対し、1つまたは複数のテーブル演算子を通してTeradataシステムから外部サーバーに転送されたバイト数の合計です。
このリクエストには、1つまたは複数のテーブル演算子の実行が含まれることがあります。ReqTblOpBytesOut出力パラメータは、リクエスト内のすべての呼び出し間で転送されるバイト数を示します。