2.16 - デフォルトのpublicAddress、bindAddress、およびclusterAddressの概要 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

各Teradata QueryGridマネージャ インスタンスには、デフォルトのpublicAddressbindAddress、およびclusterAddressがあります。データ ソース ノード、その他のTeradata QueryGridマネージャ インスタンス(インストールされている場合)、およびファブリックは、これらのアドレスを使用して特定のTeradata QueryGridマネージャ インスタンスにアクセスします。

最初のQueryGridマネージャ インスタンスが起動すると、次が実行されます。
  • TMS、VM、またはサーバーがデフォルトのpublicAddressとして使用する完全修飾ドメイン名(FQDN)またはhostnameを検索します。

    publicAddressは、すべてのデータ ソース(QueryGrid接続)ノードがTeradata QueryGridマネージャへのアクセスに使用するアドレスです。QueryGridマネージャに複数のホスト名またはアドレスがありデータ ソース ノードがそれらを使用してQueryGridマネージャにアクセスする場合は、additionalPublicAddressesフィールドを使用して、ホスト名またはアドレスのカンマ区切りリストを指定します。

  • publicAddressを、clusterAddressおよびbindAddressとして使用されるIPアドレスに解決します。
    • clusterAddressは、クラスタ内のその他のQueryGridマネージャが特定のQueryGridマネージャへのアクセスに使用するIPアドレスです。
    • bindAddressは、Teradata QueryGridマネージャ内部サービスのバインド先となる、ローカルにバインドされたIPアドレスです。