2.16 - スケーラブルなクラスタでのQueryGridの自動デプロイ - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

QueryGridバージョン2.11以降では、スケーラブルなクラスタでのQueryGridの自動デプロイのサポートが追加されました。自動デプロイでは、QueryGridソフトウェアがインストールされ、新しいノードがQueryGridマネージャに自動的に登録されます。この機能は、ノード パッケージの一部であるTDQG_DEPLOYMENTという異なるパッケージ/スクリプトの一部です。

自動展開の考慮事項

  • クラスタからノードを削除するか、ノードからTeradata QueryGridサービスを削除しても、Viewpointからエントリは削除されません。エントリは手動で削除するか、自動ノード削除機能(有効な場合)を使用する必要があります。
  • Teradata QueryGridサービスを再起動するとノードが再起動され、アクティブなQueryGridクエリーに影響する可能性があります。これはHDInsightには該当しません。
  • 自動デプロイは、QueryGridマネージャにノードを登録するために使用します。QueryGridソフトウェアのアップグレードやダウングレードには使用できません。
  • 自動デプロイでは、単一ノードを複数のQueryGridマネージャに追加することはサポートされません。