2.16 - 使用上の注意 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
  • Teradataシステムで外部サーバー オブジェクトを作成するとき、その外部サーバー オブジェクトのターゲット プラットフォームが実行しておりアクセス可能である必要があります。
  • 同じリンクを使用して同じサーバーを参照し複数の名前を持つ外部サーバー オブジェクトを作成できます。
  • TD_SERVER_DBに格納される外部サーバー オブジェクト名は、固有でなければなりません。
  • 構文のサーバー領域の名前と値のペアは、リモート プラットフォームへの接続と、IMPORT WITHおよびEXPORT WITH句で指定された両方のテーブル演算子に適用されます。
  • サーバー オプション、名前、および名前と値のペアは、CREATE FOREIGN SERVER構文に一度だけ表示できます。
  • CREATE SERVER構文でのDO IMPORT WITH句とDO EXPORT WITH句の順序は問いません。
  • 外部サーバー オブジェクトに対して問合わせる必要のあるユーザーのために、外部サーバー オブジェクトにSELECT、INSERT、SHOW権限を付与する必要があります。