2.16 - QueryGridマネージャ クラスタのマージの概要 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
2つの個別のQueryGridマネージャ クラスタを1つのQueryGridマネージャ クラスタにマージして、エコシステム全体の通信を可能にできます。
完全なVantageスタック ノードおよび分析ノードとともにサイトをマージする場合は、マージする前に、インシデントを開き、QueryGrid GSOチームに相談してください。
わかりやすくするために、この概要では、次の特性を持つ例としてクラスタAとクラスタBを使用します。
  • クラスタA – 2つで構成された大規模なクラスタであり、クラスタBの情報を組み込むように指定されています。
  • クラスタB – クラスタAにマージされるクラスタです。
QueryGridマネージャ クラスタのマージは、次の4つの主要タスクで構成されています。
  1. クラスタB内のQueryGridマネージャの1つをBackupします。
  2. クラスタBのバックアップをクラスタAのQueryGridマネージャにコピーします。
  3. クラスタBのバックアップを使用して、クラスタAでmigrateコマンドを実行します。
  4. QueryGridマネージャをクラスタBからクラスタAに参加します。
移行プロセス中は、クラスタAはすべてのQueryGridクエリーに一切の影響なく完全に機能し続けます。クラスタBは、ノードが移行されている間とファブリック プロセスが再開されたときにQueryGridクエリーが中断する場合があります。
次の表に、移行プロセス中にバックアップ ファイルから移行されるオブジェクトと移行されないオブジェクトを示します。
移行される
ソフトウェア
ノード(ノードは移行プロセスの中で自分自身を登録します)
データ センター
システム
ブリッジ
ファブリック
コネクタ
リンク
ネットワーク
通信ポリシー
ユーザー マッピング
移行されない
マネージャ
ファブリック キー
サービス アカウント
マネージャの設定(ログ データの保持、クエリー データの保持、クエリー サマリーの頻度、セッション タイムアウトなど)
問題
記録されたログ
クエリー測定基準

マージの考慮事項

  • ノードを移行するには、クラスタBをオンラインにし、クラスタBのtdqg-managertdqg-nodeの両方がQueryGridバージョン02.08.00.00以降を実行している必要があります。また、ノードはクラスタA内の少なくとも1つのQueryGridマネージャにアクセスできる必要があります。これらの条件が満たされない場合は、ノードを移行できず、移行をキャンセルするオプションが使用可能になります。ノードは、システムに最初にノードを追加するために使用したメソッドを使用して再追加できます。
  • タイプが同じオブジェクトのオブジェクト名は、一意の名前を持つ必要があります。マージ処理中に、クラスタAとクラスタBのオブジェクトが同じ名前(networks、data centers、fabricsなど)を共有している場合、クラスタBのオブジェクトに対して2つのオプションが表示されます。
    オプション 結果
    オブジェクトのスキップ クラスタBのオブジェクトがスキップされると、そのオブジェクトはクラスタAに移行されず、そのクラスタBのオブジェクトへのすべての参照は、同じ名前のクラスタAのオブジェクトに更新されます。
    オブジェクトの名前変更 クラスタBのオブジェクトの名前を変更し、オブジェクトをクラスタAにコピーします。

    リンクの名前を変更すると、外部サーバー定義で新しいリンク名を手動で更新する必要があることを示す警告が表示されます。

  • クラスタBのファブリックをクラスタAの既存のファブリックとマージするか、またはファブリックを移行するかを選択できます。
    オプション 結果
    マージ 結合したファブリックには、既存の名前、バージョン、およびポートが使用されます。コネクタが新しくマージされたファブリックに追加されます。
    移行 ファブリックを新しいクラスタに移行するときに、ポートの競合が発生する可能性があると、移行したファブリックに対して新しいポートを選択する必要がある場合があります。
  • オブジェクトの移行に失敗した場合は、migrateコマンドを再度実行します。すでに移行されているオブジェクトは自動的にスキップされます。