2.16 - QueryGridの追加 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Viewpointには、QueryGridを構成および監視するためのユーザー インターフェースがあります。QueryGridViewpointに追加するとき、クラスタ内のQueryGridマネージャを1つだけ指定する必要があります。ホスト マネージャがオフラインになると、Viewpointはクラスタ内の他のQueryGridマネージャを自動的に検出してフェールオーバーを実行します。アクティブなViewpointサーバーに地理的に最も近いQueryGridマネージャホストを入力することを推奨します。
  1. Viewpointポータル ページで、""を選択します。
  2. 監視対象システム ポートレットを開きます。
  3. システムの横にある""を選択し、QueryGridの追加を選択します。
  4. 一般的なシステムの詳細で、システムのニックネームを8文字以内で入力します。
  5. システムを有効化チェック ボックスを選択します。
    有効にすると、システムはデータの収集を開始します。
  6. Viewpointサーバーに最も近いTeradata QueryGridマネージャのホストIDを入力します。
    ホストIDは、Teradata QueryGridのIPアドレスです。
  7. ログインの下で、次の手順を実行します。
    1. 名前viewpointと入力します。
    2. パスワードteradataと入力します。
      AWSを使用する場合、パスワードはインスタンスIDです。その他のパブリック クラウド プラットフォームの場合は、パスワードをリセットする必要があります。詳細については、クラウド固有のガイドを参照してください。

      Teradata® Software for AWS Installation and Administration Guide、B035-2800

      Teradata Vantage™ on Azure(DIY)Installation and Administration Guide、B035-2810

  8. (オプション)ログイン設定が正しいかどうかを確認するには、テストをクリックします。
    操作が成功すると、""が表示されます。操作が失敗した場合、""が表示されます。 エラーを受け取った場合は、ログイン信頼証明が有効で、ホストが接続可能であることを確認します。
  9. (オプション)コレクタで、チェック ボックスをオンにしてQueryGridデータ コレクタを有効にし、データ収集を可能にします。
    データ コレクタでは、データ収集を有効にし、個別に構成することができます。
  10. 適用を選択します。
    操作が成功すると、""が表示されます。操作が失敗した場合、""が表示されます。 エラーが表示された場合は、設定が正しいことを確認し、もう一度実行してください。