2.16 - AWS CFTでのPresto用イニシエータ カタログ ファイルのアップロード - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. イニシエータ カタログ プロパティ ファイル~/.prestoadmin/catalog/name.propertiesを作成して編集します。
    例えば、tdh234m1sdld0461_active.propertiesという名前のファイルを作成して編集します。次の内容をファイルに追加します。
    connector.name=qginitiator
    qginitiator.linkName=tdh234m1sdld0461
    qginitiator.version=active
  2. Prestoイニシエータ カタログ プロパティ ファイルを作成したら、次の例のように、ファイルを選択してAmazon S3のディレクトリ フォルダにアップロードします。
    s3://my_bucket/catalogs_for_presto_stack
  3. AWS CFTでのPrestoのQueryGridの自動デプロイの説明に従い、ブートストラップ スクリプトを変更してカタログ プロパティ ファイルの格納場所を含めます。
  4. 次のいずれかを実行します。
    オプション 説明
    QueryGridの初期インストールを続行する AWS CFTでのPrestoのQueryGridの自動デプロイを参照してください。
    既存のスタックのカタログ リストを、インストール済みのQueryGridで更新する AWS CFTでのPrestoのQueryGridデプロイ スクリプトのアップグレードまたはダウングレードを参照してください。

    ブートストラップ スクリプトに固有の名前があり、TDQG_PRESTO_CATALOGS_PATHが参照するS3フォルダにアップロード済みのすべてのカタログ プロパティ ファイルが含まれていることを確認します。