2.16 - デプロイされたQueryGridマネージャ インスタンスのクラスタリング - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

複数のTeradata QueryGridマネージャ インスタンスがインストールされている場合は、高可用性とスケーラビリティを実現するために、Teradata QueryGridマネージャ インスタンスをクラスタ化します。クラスタリングによって、すべてのTeradata QueryGridマネージャ インスタンスが同じ構成になるため、それぞれのインスタンスがTeradata QueryGridを管理および監視することができます。複数のQueryGridマネージャ クラスタを作成し、個別の実働環境およびテスト環境を維持します。

インスタンスは、次のいずれかの結合メソッドによって結合されます。
  • SSH – クラスタ シード ファイルにアクセスするためのSSH信頼証明を提供します。
  • トークン – QGM Webサービスを使用してクラスタ シード ファイルにアクセスするためのトークンを提供します。標準のSSH接続が無効または利用できない場合は、結合トークンの生成について結合トークンの作成を参照してください。
  1. クラスタに追加するTeradata QueryGridマネージャTMS、VM、またはサーバーにログオンします。
  2. コンソール ウィンドウで、join-clusterスクリプトをrootまたはtdqgmユーザーとして実行します。
    /opt/teradata/tdqgm/bin/join-cluster.sh
  3. 結合メソッドを選択します。
    Join Method
    -----------
    1. SSH - Provide SSH credentials to access cluster seed files
    2. Token - Provide token to access cluster seed files using QGM web service
    
    Select join method [1-2]:
  4. 結合する既存のQueryGridマネージャ インスタンスのホスト名を入力します。トークン結合メソッドを使用する場合は、create-join-cluster-tokenスクリプトが実行されたQueryGridマネージャ インスタンスのホスト名を指定します。
  5. 選択した結合メソッドに応じて、以下のいずれかを入力します。
    オプション 説明
    SSH ユーザーにより付与された読み取り権限のログオン信頼証明を、そのインスタンス上の/etc/opt/teradata/tdqgmに指定します。
    トークン 他のQueryGridマネージャ インスタンスのいずれかで、create-join-cluster-tokenスクリプトによって生成されたトークンを入力します。
  6. このインスタンスのデータ センターを入力します。
    デフォルトでは、データ ソース ノードは、同一データ センター内のQueryGridマネージャと通信します。
  7. プロンプトでyを入力して、クラスタリングのプロセスを続行します。
    クラスタ コマンドの実行元となるインスタンスのすべてのデータは、最初のQueryGridマネージャ インスタンスまたは結合されている既存のクラスタのデータに置き換えられます。