2.16 - Teradata QueryGridコネクタとファブリックのアップグレード - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
QueryGridポートレットから個別に各コンポーネントをアップグレードします。
QueryGridの変更の実装がない限り、Prestoのアップグレード時にはインストール スクリプトを再実行します。
  1. 最新のソフトウェア パッケージをダウンロードし、Teradata QueryGridマネージャにパッケージをアップロードします。
  2. アップグレードするコンポーネントのQueryGridポートレット ビューまたはタブを参照します。
    コンポーネント タイプ ビュー > タブ
    コネクタ ファブリック > コネクタ
    ファブリック ファブリック
  3. アップグレードするコンポーネントの横にある""保留中のバージョンを追加を選択し、コンポーネント追加の適切な手順を完了します。
    コンポーネント タイプ プロシージャ
    コネクタ ターゲット コネクタの追加
    ファブリック ファブリックの追加
    実働ワークロードに影響を与えることなく、実働デプロイメントでコンポーネントのテストを行なえます。
    推奨されるテスト領域には、QueryGridの診断、帯域幅、およびSQLが含まれます。
  4. アップグレードしたコンポーネントを実働環境にデプロイします。
    1. コンポーネントの横にある""を選択し、有効化を選択します。
    2. 確認ダイアログ ボックスで有効化を選択します。
      アップグレードされたコンポーネントのステータスは現在に変わり、以前アクティブだったコンポーネントのステータスはに変わります。