2.16 - オプションの変更 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

ADD

次の場合に使用します:
  • サーバー オブジェクトの定義に使用するグローバルな名前と値のペアを追加または置換します
  • IMPORTまたはEXPORTテーブル演算子を追加します。外部サーバーにすでに関連付けられているテーブル演算子を置き換える場合は、新しいテーブル演算子を追加する前にテーブル演算子を削除してください。
name('value')
追加または変更する外部の名前と値のペア(LINKおよびVERSION)。

外部サーバーのプロパティを定義する名前と値のペア(複数も可)。名前と値のペアはQueryGridポートレットで定義されます。プロパティの固有のセットに対する個別の名前付きリンク構成を作成したり、リンクの異なるバージョン(アクティブ、保留中、以前)を作成することができます。 詳細については、Teradataコネクタとリンクのプロパティを参照してください。

ALTER FOREIGN SERVERで外部の名前と値のペアを変更できます。名前付きリンクのプロパティを変更する場合は、QueryGridポートレットを使用します。

名前と値のペアの説明は次のとおりです。
  • 「サーバーのみ」というラベルが付いている場合は、名前と値のペアが構文ADD name('value')に従う必要があることを示しています。
  • 「インポートのみ」というラベルは、IMPORTキーワードの後に名前と値のペアを指定する必要があることを示します。
  • 「エクスポートのみ」というラベルは、EXPORTキーワードの後に名前と値のペアを指定する必要があることを示します。
  • ラベルのない名前と値のペアはADD構文のどの部分でも指定できます。ADD name('value')として指定される場合、名前と値のペアは全体としてサーバーに適用されます。
IMPORT
Teradataシステムへのデータのインポートに使用する演算子に即して対応することが示されます。
EXPORT
Teradataシステムからのデータのエクスポートに使用する演算子に即して対応することが示されます。
operator_name
使用するテーブル演算子のバージョン。
サーバー オブジェクトと共に使用されるテーブル演算子の詳細については、CREATE FOREIGN SERVERを参照してください。