2.16 - 操作ログの有効化 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Hiveコネクタ ログまたは例外メッセージ内のHadoopジョブのアプリケーションIDにアクセスするには、Hadoopクラスタでoperation logを有効にする必要があります。これは必須のHiveターゲット コネクタ タスクではありません。
  1. Hive設定で、hive.server2.logging.operation.enabled = trueを設定します。
  2. hive.server2.logging.operation.log.locationで提供されている操作ログのパスが、hiveserver2が実行されているすべてのノードに存在することを確認します。