2.16 - カスタムHadoopライブラリ パスまたはカスタムJARパスで使用するためのHiveコネクタの構成 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
カスタム ライブラリ パスを使用してHadoopをインストールした場合、またはHadoop JARファイルに一覧表示されているいずれかのHadoop .jarファイルをデフォルトHadoopライブラリの外部に格納した場合は、デフォルトのHadoopライブラリ パスに存在しないファイルに使用するカスタム パスをHiveコネクタに手動で構成する必要があります。

Hadoop JARファイルに一覧表示されていない.jarファイルを追加する必要がある場合は、Hiveコネクタを手動で構成し、.jarファイルの検索に使用するパスを指定することができます。

この方法が関係するのは、ターゲットHiveコネクタの構成、およびデフォルトHadoopパスの外部にあるファイルのみです。
  1. コネクタの編集またはリンクの編集のプロシージャを使用して、Hadoopライブラリ パスプロパティまたはカスタムJARパスプロパティのいずれか、または両方を有効にします。
  2. 次のいずれか、または両方の操作を行ないます。
    • Hadoopライブラリ パス NVPでカンマ区切り値を使用して、デフォルトHadoopライブラリ パスにないすべての必須.jarファイルに使用するカスタム ライブラリ パスを1つ以上入力します。カスタム パスを指定した場合、デフォルト パスは使用されません。
      /usr/hdp/2.6.5.0-292/hive-hcatalog/share/hcatalog/,/usr/hdp/2.6.5.0-292/hadoop-hdfs/,/usr/hdp/2.6.5.0-292/hadoop-mapreduce
    • カスタムJARパス NVPでカンマ区切り値を使用して、Hadoop JARファイルに一覧表示されていない追加のカスタムJARに使用するパスを入力します。
      /lib, /user/lib