2.16 - 外部サーバーの構成とTeradata-TargetConnector間リンクの権限の付与 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
開始する前に、認証メカニズム信頼済みに設定されているTeradataからTeradataへのコネクタについて、次の手順を実行して、プロキシ ユーザーがターゲットTeradataシステムに存在することを確認します。プロキシ ユーザーは、ターゲット システムでの認証に使用されます。
イニシエータ システムで次のステップを完了します。これらは、最初のデプロイ後、およびリモート サーバーの作成時またはアクセス時に適用されますが、バージョンをアップグレードした後は適用されません。
  1. dbcなどの管理者として開始Teradataシステムにログオンします。
  2. ターゲット サーバーの認証オブジェクトを作成します。
    CREATE AUTHORIZATION td_server_db.target_server_auth AS DEFINER TRUSTED USER 'proxyuser' PASSWORD 'password';
    An authorization object is created in the td_server_db database. Using the DEFINER clause makes the authorization available globally to all users.
  3. td_server_dbデータベースのCREATE SERVERおよびEXECUTE FUNCTION権限を管理者ユーザーに付与します。例:
    GRANT CREATE SERVER ON td_server_db TO dbc;
    GRANT EXECUTE FUNCTION ON TD_SYSFNLIB TO dbc;
  4. 外部サーバーを作成します。
    CREATE FOREIGN SERVER target_server_name
    EXTERNAL SECURITY DEFINER TRUSTED target_server_auth
    USING
    LINK('linkname')
    VERSION ('version')
    DO IMPORT WITH TD_SYSFNLIB.QGInitiatorImport,
    DO EXPORT WITH TD_SYSFNLIB.QGInitiatorExport;

    例えば、sdll7100は開始Teradataシステム、sdll7151はターゲットTeradataシステムです。

    CREATE FOREIGN SERVER sdll7151_fs
    EXTERNAL SECURITY DEFINER TRUSTED target_server_auth
    USING
    LINK('sdll7100_sdll7151')
    VERSION('active')
    DO IMPORT WITH TD_SYSFNLIB.QGInitiatorImport,
    DO EXPORT WITH TD_SYSFNLIB.QGInitiatorExport;
  5. データベースtd_server_dbから、ターゲット サーバーにおけるSELECT権限とINSERT権限を開始エンド ユーザーに付与します。
    GRANT SELECT ON td_server_db.target_server_name to initiating_end_user;
    GRANT INSERT ON td_server_db.target_server_name to initiating_end_user;

    例:

    GRANT SELECT ON td_server_db.sdll7151_fs to sdll7100_user2;
    GRANT INSERT ON td_server_db.sdll7151_fs to sdll7100_user2;