2.16 - インストール スクリプトを手動で実行したPrestoコネクタ インストレーションの実行(Viewpoint 16.20) - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Viewpoint 16.20を搭載するシステムでPrestoコネクタのインストールを実行した場合、QueryGridポートレットでSSH信頼証明を提供しないときは、次の手順に従います。
  • presto-adminを使用してloader-factor-version.jarファイルをワーカー ノードに解凍および配布するインストール スクリプトを実行します。
    JARファイルが正常にインストールされると、Prestoが再起動します。
    QueryGrid 2.06の時点で、Presto qgremoteおよびqginitiator JARファイルは、loaderfactory JARファイルで結合されています。
  • インストールを確認します。
  1. Presto (presto-admin)がインストールされているノードに管理者としてログオンします。
  2. 次のディレクトリに移動します。
    cd /opt/teradata/tdqg/connector/tdqg-presto-connector/presto-connector-software-version/bin

    例:

    tdh234m1:~ # cd /opt/teradata/tdqg/connector/tdqg-presto-connector/02.07.00.00/bin

  3. ./install.shを実行します。
    スクリプトによって/usr/lib/presto/pluginディレクトリに.jarファイルが保存され、Prestoを再起動するためにpresto-adminユーティリティが実行されます。
  4. エラーが表示されないかをチェックすることにより、install.shスクリプトの実行に成功したことを確認します。
  5. (オプション)該当するディレクトリにloader-factory-version.jarファイルがインストールされていることを確認します。
    tdh234m1:~ # ls /usr/lib/presto/plugin/qgplugin/loader-factory-version.jar