2.16 - USING - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

USINGは、サーバー定義情報を提供する名前と値のペアを導入します。USING句を持たない外部サーバーを作成できますが、インポート演算子とエクスポート演算子を使用してサーバー定義を完成させるまで、ユーザーは外部サーバーに問合わせることはできません。

name('value')

名前と値のペアは外部サーバーのプロパティを定義します。名前と値のペアは、QueryGridポートレットで定義されます。一意のプロパティ セットに対して個別の名前付きリンク構成を作成し、別のバージョンのリンクを作成できます。 詳細については、Teradataコネクタとリンクのプロパティを参照してください。

QueryGridポートレットでプロパティを定義した後、CREATE FOREIGN SERVERのUSING句とともに外部名と値のペア(LINKとVERSION)を使用して、名前と値のペアを外部サーバーに関連付けることができます。

リンク名と値のペアは、機能する外部サーバー オブジェクトを作成するために必要です。バージョンはオプションです。追加のオプション名と値のペアは、特定の実装のための外部サーバーを作成する場合に必要になることがあります。

link
開始コネクタ、ターゲット コネクタ、通信ポリシーを参照し、使用するコネクタのプロパティを定義する、名前付きの構成。
version
使用するリンクのバージョン。
Teradataの外部サーバー定義で、使用する構成のバージョン(アクティブまたは保留中)を指定することができます。保留中を指定した場合、保留中のバージョンのリンク、開始コネクタ、ターゲット コネクタ、通信ポリシー、およびファブリックが使用されます。

name(scalar_subquery)

単一の行を返すサブクエリーを指定することもできます。各名前に対して使用できるサブクエリーは1つのみです。サブクエリーは1つの行のみを返す必要があり、サブクエリーのWHERE句は一意のプライマリ インデックスまたは一意のセカンダリ インデックスを参照する必要があります。サブクエリーのWHERE句では、システム変数とパラメータの使用が許可されます。行は複数の値(列)を持つことができますが、すべての値は同じデータ型である必要があります。

name(system_variable)

値としてシステム変数を指定できます。

name(using_parameter)

使用するパラメータを値として指定できます。