2.16 - ユーザー マッピングの使用上の注意 - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata-to-Teradata

  • TRUSTED認証では、QueryBandでproxyuser=のマップされたリモート ユーザー(イニシエータのローカル ユーザーではなく)が使用されます。JDBC接続認証では引き続きauthUserが使用されます。
  • 開始データベースでinitiatorUserとしてログインした場合、SELECT * FROM table@FSなどのデータベース名を指定せずにクエリーを送信すると、クエリーSELECT * FROM initiatorUser.tableが生成され、SELECT * FROM mappedRemoteUser.tableをリモートで使用するためにターゲット コネクタがそのクエリーを修正します。

Teradata-to-Presto

  • None認証では、JDBC URLでuser=のマップされたリモート ユーザー(イニシエータのローカル ユーザーではなく)が使用されます。
  • クエリーは修正されません。

Teradata-to-Hive

  • Trusted Kerberos認証では、JDBC URLでhive.server2.proxy.user=のマップされたリモート ユーザー(イニシエータのローカル ユーザーではなく)が使用されます。
  • None認証では、JDBC接続認証のマップされたリモート ユーザー(イニシエータのローカル ユーザーではなく)が使用されます。
  • クエリーは修正されません。

Teradata-to-Spark

  • None認証では、JDBC接続認証のマップされたリモート ユーザー(イニシエータのローカル ユーザーではなく)が使用されます。
  • クエリーは修正されません。

Teradata-to-Oracle

  • OS認証では、マップされたリモート ユーザー(authUserではなく)が使用されます。
  • クエリーは修正されません。