2.16 - セッション プロパティの上書き - Teradata QueryGrid

Teradata® QueryGrid™ インストールとユーザー ガイド

Product
Teradata QueryGrid
Release Number
2.16
Release Date
2021年6月
Content Type
インストール
ユーザー ガイド
構成
管理
Publication ID
B035-5991-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
QueryGridポートレットでTeradataコネクタ プロパティを上書き可能として指定すると、個々の処理セッション内でクエリーを開始するときに、構成されたTeradataコネクタ プロパティを上書きできるようになります。

Teradataコネクタのプロパティを上書きする場合、構文ステートメント内のservernameは、指定した上書き可能なTeradataコネクタ プロパティが適用される外部サーバーを示します。指定した外部サーバーは、別のservernameが存在する場合はこれが検出されるまで、構文ステートメントで指定されたプロパティの値を使用します。

  1. ファブリックの構成で、ファブリックを選択します。
  2. ファブリックを選択します。
  3. 次のいずれかを実行します。
    オプション 説明
    コネクタタブでTeradataコネクタのプロパティを上書きするには
    1. コネクタ タブを選択します。
    2. 上書きするプロパティがあるコネクタの横の""を選択します。
    3. 編集を選択します。
    4. コネクタ ソフトウェアの横にある""を選択します。
    5. 上書きするTeradataコネクタのプロパティを特定し、上書き可チェックボックスをオンにします。
    6. OKを選択します。
    7. 保存を選択します。
    リンクタブでTeradataコネクタのプロパティを上書きするには
    1. リンク タブを選択します。
    2. 上書きするプロパティがあるリンクの横の""を選択します。
    3. 編集を選択します。
    4. 開始コネクタまたはターゲット コネクタの横にある""を選択します。
    5. 上書きするTeradataリンクのプロパティを特定し、上書き可チェックボックスをオンにします。
    6. OKを選択します。
    7. 保存を選択します。
  4. Teradata Database 16.00以降を実行する場合は、次の構文を使用してセッション中のTeradataコネクタ プロパティを上書きします。
    set foreign server attr = ‘servername=<fs1>;<prop1>=<overrideVal1>;…;servername=<fs2>
    <prop1>=<overrideVal1>;…;’ for session volatile;
    例:
    Set foreign server attr = ‘servername=fs1;readtimeout=500000;writetimeout=200000;servername=fs2;
    responsetimeout=250000;’ for session volatile;
  5. (オプション)セッションを閉じないで、Teradataコネクタ プロパティの上書きをクリアするには、次の構文を使用します。
    Set foreign server attr = NONE for session volatile;